イチロー選手の安打数は?日本時代の成績☆

イチロー安打数.png
ついにイチロー選手が「ピート・ローズ選手の歴代最多安打記録(4256安打)」の記録を抜きましたね。これでイチロー選手は歴史に名を刻むこと間違いなしで嬉しい限りです。今日はそんなイチロー選手が日本時代に出した安打数について調べてみました。



イチロー選手の日本時代に打ち出した安打数☆


今回イチロー選手が出した歴代最多安打記録は「日米通算」と言われていますよね。そんなイチロー選手の日本の安打数は何本だったの?と気になりませんでしたか?なのでここでは、日本時代の安打数について書いていきます。

スポンサーリンク




日本時代の成績


1992年:24本
1993年:12本
1994年:210本(現在パ・リーグ記録)
1995年:179本
1996年:193本
1997年:185本
1998年:181本
1999年:141本
2000年:153本


この安打数を合計すると「1278本」となります。


どうですか?結構この成績を見ていると以外だと思う部分がありませんでしたか?

特に1993年はわずか12本と今のイチロー選手からは考えられない安打数となっていますよね。この時はオリックスの開幕戦でスタメン出場を果たすなど、非常に期待されていましたが思うような結果が出ずに2軍落ちしてしまいます。

しかし、そこで終わらないのがイチロー選手だな~と成績をみていてつくづく思いますよね♪
1994年を見てみてください。1993年にわずか12本の安打数で2軍送りになるなどの状態から一変して210本の安打数においてのリーグ記録を果たします。

一体何があったのでしょう?

それは、2軍に送られた際も自己研鑽を続けたことが大きく関係しています。今でこそ有名なイチロー選手の「振り子打法」を進化させたのが1993年の不振といわれた時代に編み出しているのです。

転んでもただでは起きないのが凄いですよね。

前年に12本の安打数しかない選手が翌年にリーグ記録を出すと誰が予想できるでしょうか?本当に凄いことです。この記録からみても後に何か凄いことをする選手と言うのは記録を見るだけでも。何か持っているのがみてとれますね。



最後に


2001年よりはメジャーに行き、なんと日本以上の成績を出していたりしますΣ(>▽<;;

イチロー選手ならまだまだ安打数を伸ばして行ってくれると思いますので、ここから更に記録を伸ばして欲しいですね♪