猫ひろし オリンピックで消滅した出場資格の理由と経緯について

rondon.png
今回、猫ひろしさんがリオオリンピックの出場が決定的なところまで来ていますよね。そこで、今回は前回のロンドンオリンピックで何故カンボジア代表として出場しようとしたのか、なぜ出場資格は消滅したのかその経緯について説明していきますね。[関連記事:猫ひろし リオオリンピックにカンボジア代表として出場決定的!!]


カンボジアの代表を目指すきっかけになった経緯について


そもそも、なぜ猫ひろしさんがカンボジア代表を目指すようになったのかの経緯を知っている方は少ないのではないでしょうか?

実はカンボジアでは、アンコールワット国際ハーフマラソンという国際的なチャリティーマラソンを開催しているのですが、


この国際チャリティーマラソンに猫ひろしさんが出場したことがきっかけだと言われています。

猫ひろしさんはこの国際マラソンで何と

3位で入賞しています!!


このことをきっかけでカンボジア側からオリンピック代表として出ないかとの打診があったと言われています。

そしてこの話を猫ひろしさんは快くお受けしたのです。


これって凄いことですよね。こんな経緯でカンボジア代表を目指しているなんてかっこいいです。

そもそもチャリティーマラソンに出場していた猫ひろしさんに一層の応援のキモチが高まってきますよね♪

スポンサーリンク




ロンドンオリンピックで消滅した出場資格の理由について


カンボジア側から打診されたことによりカンボジア代表を目指した猫ひろしさんは、ロンドンオリンピックに向けて練習を開始し、カンボジアのマラソン大会にも出場し実績を積み、何と実際にカンボジア代表としてロンドンオリンピック出場まで、あと一歩というところまでいきます。

ですが、
代表としての資格に疑問を抱いた国際陸上競技連盟が

「過去に国際競技会での代表経験がない」ことや「国籍取得から1年未満かつ1年以上の居住した実績がないこと」を理由として参加資格を取り消しました。



出場資格が消滅した後の経緯について


この後、日本に帰国するのではないかと思われていましたが、

何と
「カンボジアに住みリオオリンピックに向けて練習を開始します!!」

素敵すぎますね。実際ならふてくされても誰も文句は言えないと思います。


チャリティーに出場し、カンボジア側から打診されたことなのに最後まで責任をもって行動する猫ひろしさんは素直に尊敬できますし、是非オリンピックに出場して欲しいですよね♪



最後の経緯


そして4年が経過しカンボジアの代表選考マラソンで優勝し、リオオリンピックの代表選出は秒読み段階まで来ています。

実際に現地のカンボジアメディアから、6人の代表の一人として選出されています!!


まだまだ油断はできませんが、猫ひろしさんを応援していきたいと思います。
フレーヾ(>∀<)尸゚_フレー

☆関連記事☆


猫ひろし リオオリンピックにカンボジア代表として出場決定的!!